小児科医転職エージェントランキング

小児科の医師求人なら転職エージェントに登録を

小児科へ転職をお考えの先生おすすめなのが、医師転職に特化した転職エージェントの活用です。中でも評価が高いのがリクルートグループが運営するリクルートドクターズキャリアでしょう。

おすすめの理由はなんといっても膨大な求人数にあります。全国規模で求人を扱っていますので、他ではみつからない希少案件も網羅しています。サポートするコンサルタントも経験豊富なので、不安や疑問にもすぐ対応してもらえる心強いサービスです。

小児科の医師求人にも強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 小児科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★
リクルートドクターズキャリアは、常時約2万件以上の求人情報を持っています。医師の求人だけでこの数ですから、転職を考えている人にとっては仕事探しに苦労することはありません。常勤医師だけではなく、非常勤アルバイトの求人の多さは群を抜いています。非常勤アルバイトの求人では、高収入のものが多いのも特徴です。また、このような求人サイトには非公開求人があるのですが、リクルートドクターズキャリアにも非公開求人があり、約2万件以上の求人情報とは別に、非公開求人が約1万件以上あると言われています。非公開求人は条件が良いものが多いので見逃せません。小児科医はどこの病院でも不足しており、求人数は多いと考えられます。キャリアアドバイザーが担当として付いてくれますので、安心して転職活動ができます。



医師転職ドットコム 無料 国内全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★★
常勤医師として働きたい、年収をもっとアップしたいという人に医師転職ドットコムはおすすめです。転職支援サービスでは、非常勤医師の求人が多い傾向にあるのですが、医師転職ドットコムでは常勤医師の求人を多く扱っており、常勤でしっかり働きたい人におすすめです。小児科医師の転職は難しいと言われていますが、この転職エージェントでは約4万件の医師の求人情報がありますので、希望に合った求人がきっと見つかります。医師転職ドットコムを利用した医師の希望条件達成率は約95%と言われており、満足度はとても高いものと言えるでしょう。登録は1分程度で完了し、その後は担当者(キャリアコンサルタント)が付いてくれますので、自分の希望を伝えればそれに合った求人情報を探し、紹介してくれます。現在働きながら転職活動する人は忙しくてなかなか求人情報が集められないものですが、キャリアコンサルタントが探して紹介してくれますのでおすすめです。



エムスリーキャリア 無料 国内全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 国内全国
  • 小児科医の求人数
  • ★★★★
医師転職エージェントの中でもエムスリーキャリアは求人数の多さが魅力と言われています。医師転職ドットコムには少し及びませんが、それに次ぐ求人数を誇り、業界でも最大手に入ります。求人数が多いので自分が希望する条件の求人が見つけやすいです。また、求人案件の質の良さにも定評があり、高レベルの求人も多数あります。病院に対して勤務条件の交渉を行ってくれますが、その交渉力は業界でも最強と言われています。小児科医はハードな勤務のため、良い条件で働きたいものですが、そういった場合も条件の交渉をしてくれますのでとても心強いです。安心と信頼の転職エージェントと言えるでしょう。



小児科医の職探しは転職エージェント利用が必須

厚生労働省が公表している各種統計調査によると小児科医師の人数は、1955年から徐々に増え始め1981年には35,455人でピークでした。しかしその後は年によっては、横ばいの時期もありましたが年々減り続けています。厚生労働省のホームページの最新情報では現在の全国の小児科医師数は30,344人で、県別で見てみると最も多かったのは東京都の3,903人でした。また15歳未満人口10万人あたりでの小児科医師数は平均180.20人で、東京都の場合は262.65人で最も多かったのは徳島県の297.92人でした。

小児科や産婦人科はどこの病院も医師不足が深刻な診療科ですが、ではなぜ小児科が敬遠されるのでしょう。その理由として考えられるのは最近では地方行政の方針で子供の受診料を無料にしている地域が多く、コンビニ診療と呼ばれるほど親がちょっとした病気でも頻繁に子供を診察させることが挙げられます。また小さい子供の場合は夜に急に発熱したり、嘔吐したりすることも多く夜間の急患が多いのも特徴です。さらに大人とは違い具合が悪いと問診や注射をするのも難しかったりして、治療にひま手間がかかるのに報酬は大人とほとんど変わりません。

小児科医の過酷な勤務実態を描いた、「医師の過重労働-小児科医療の現場から」という単行本が出版されています。著者は1991年に北海道大学大学院で学び現在は小児科医でもある江原朗で、いつ過労死してもおかしくないような長時間勤務を続ける小児科医の労働実態が描かれています。また小児科医の過重労働を防ぐためには、現在の医療体制のどこに問題点があるのかを鋭く切り込んでいます。このままいけば24時間体制での小児科の継続は、現実的に不可能であることをデータから検証しています。

実際に小児科の夜間の受診率はこの20年間で40%以上も増加していて、夜間診療に対応できる小児科医の人数が絶対的に不足しています。民間の一般病院に勤務している小児科医の人数は現在ひとつの病院に約3人弱ですが、深夜や朝早く病院を訪れる患者さんの数は日平均で10人もいます。さらに慢性的に小児科医が不足している病院が多く、宿直回数も1ヶ月に10回を超えることも珍しくありません。また日中でも患者数が多いために仮眠を取る時間などもなく、疲弊している小児科医が多いのが現状です。

正直なところもう限界だとお考えであれば、転職することも視野に入れることも大事です。なかには24時間を超える連続勤務が月に10回以上もあったりしている病院も存在しています。一方では探せば24時間を超える、連続勤務などまったくない病院もあります。もし転職をするのであればリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職エージェントを利用するのがベストです。医師に特化された転職エージェントであれば小児科医の立場で、専任の担当者が希望するような職場を見つけてくれます。

小児科医の求人は人気なのか?

毎年新しく医師の資格を取得している人がたくさんいるのに、医師不足と言われているところがまだ多いようです。特に小児科医については求人はあるにしても、他の診療科と比べてもそれほどたくさんの求人があるというわけではありません。総合病院などでは、小児科医が減っていると言われており、現在勤務している小児科医に負担がかかっていて過酷な現場になっています。また、小児科は他の診療科に比べて診療報酬が安いので、病院側としてはあまり置きたくない診療科なのです。診療報酬は安いのに、小児科病棟があると保育士や養護教諭を雇わなければならなくなり、あまり利益が上がらないのです。場合によっては赤字になることもあるので、いくら小児科が忙しくてパニック状態でも、積極的に求人を出して募集をかける病院はあまり見られないのです。

こういった事情は勤務医の立場からすれば関係ない話なのですが、経営する側からすると大きな問題です。しかし、小児科医を募集している病院がないというわけではありませんし、極端に少ないというわけでもありません。地域によっては子どもの数がすごく多いのに、小児科医が少ないからと募集を増やしているところがありますが、それでもなかなか集まらないのが現状です。小児科医は激務で大変であるという話が広まり、小児科医になりたいという若者が減っていることが考えられるのです。求人を出しても一気に集まるということはなく、どちらかというとあまり人気がない求人だと言えるでしょう。

求人を出してもあまり集まらないからと、小児科医が不足しているにも関わらず求人を出さないところもあります。ですから求人を見て小児科医の募集がなくても、小児科がある病院であれば小児科医の採用はしていないかどうか、問い合わせてみると良いでしょう。必ず採用されるとは限らないのですが、問い合わせてみたら採用されたということもあります。転職活動中であれば、早く決めたいからと数少ない小児科医の求人を見つけたらすぐに応募してしまいがちですが、慌てて決めて行ってみたら、今まで以上に過酷な勤務条件だったということがあります。応募する前にその病院のことを良く調べて、今までのところよりも条件が良さそうだということがわかれば応募するというように決めておきましょう。医師の転職は比較的楽だと言われていますが、小児科医については求人情報や転職先の内容はよく吟味して決めるようにしてください。

小児科医の転職のコツは?

小児科医が転職を決意する理由ですが大きく2つあり、ひとつは過酷な労働環境と年収など待遇の問題です。他の診療科でも入院患者がいたり、24時間体制で受け入れを行っている病院に勤務していれば当然ですが日直があります。ただ小児科で日直がある場合でも必要な常勤の小児科医を確保できないところも多く、そうなるとその負担が働いている小児科医の肩にかかってきます。24時間体制で小児患者の受け入れを行っている緊急病院などだと、最低でも8人の小児科医がいないとローテーションができません。

そのため病院側が小児科医の求人をしても採用できなければ、日直明けもそのまま普通の勤務が待っています。半日でもきついですがもしまるまる1日の勤務を、しないといけないのであれば誰だって「転職」の二文字が頭を過ぎっても不思議ではありません。それと1ヶ月だけとかある程度分かっていればまだしも、これが何時まで続くか分からない場合には限界があります。一人が辞めれば自分にその負担がかかってくるという、悪循環がいつまでも続くことになります。

一般企業の場合でもそうですが過労死が最も多いのは、20代や30代の若い世代なのです。若いと自分の限界を過信して頑張り過ぎるからで、知らないうちに精神的にも肉体的にも限界を超えてしまいがちです。しかし本当は若い医師ほど自分の時間が欲しいのですが、過酷な勤務を強いられ転職して他の診療科に変わる医師も少なくありません。いろいろな診療科を経験することは自分にとっても大きな財産になるので、それはそれでいいことかもしれません。

ただ若い小児科医に限らず限界を超えるような勤務をしている場合には、転職することを視野に入れるべきです。自ら命を絶った44歳の小児科医のニュースを目にされた方も多いと思いますが、真面目なタイプの医師ほど追い詰められものです。他の職種であれば35歳を過ぎれば転職もかなり難しくなってきますが、医師の場合は幸いにも転職が比較的に容易です。その点では医師の求人は多く、転職もそれほど難しくありません。小児科医の転職のコツですが、転職の目的をはっきりさせることです。

もし日直がない病院に転職したいと思っているのか、日直があってもローテーションがちゃんと守られている病院であれば構わないのかなどです。また日直がないときでも緊急の呼び出しがあるのか、それともないのかなども知る必要があります。重症の新生児や乳児患者を、受け入れているかどうかも重要なポイントになります。転職する前に自分の希望や条件などを、すべて書き出すといいかもしれません。転職方法もいろいろありますがリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職エージェントで見つけるのが最も確実です。専任の担当者が忙しい小児科医に代わって、希望される条件で転職先を探してくれます。

小児科医の募集は多い?

さまざまな診療科で医師不足が叫ばれていますが、小児科医の医師不足はより深刻です。特に地域医療における小児科医の不足はなかには、救急対応ができないほど急を要しているところもあるぐらいです。そのため地方の大学病院や民間の総合病院では、常に小児科医の募集を行っているところが多いのが現状です。近年では小児科の場合は他の診療科と比較すると女性医師の割合が多く、当直の回数や当直明けの連続勤務を避けるためにも常勤の小児科医の確保に必死です。

都市部の場合はそれでも非常勤の小児科医を確保してなんとかやりくりを行っていますが、地方都市のなかには小児科医の募集を行っても非常勤医師の確保さえできていない病院も存在します。そのため健全な勤務シフトを組むことが難しく、週の勤務時間が他の診療科と比べると多くなったり当直明けの連続勤務も日常化しています。小児科医の人数はけっして少ないわけではありませんが、都市部での勤務を希望する医師が多いためにどうしても都市部と地方都市の格差が目立ちます。

それだけに小児科医の募集は多くても常勤の小児科医がいない病院などで小児科部長や医長として、やっていくことへの精神的な負担は相当なものが有るため、結局はそういった募集のところは避け常勤医が何人かいる病院を選ぶ傾向があります。また小児科医の転職では新生児に関わる必要があるのかどうかや、小児科救急や小児病床の有無を確認をされるのが一般的です。この他にも当直の勤務体制や頻度や、当直明けの連続勤務の可能性などを尋ねられる小児科医がほとんどです。

さらに大学病院や総合病院の場合は産科があるかどうかで、新生児に関わる必要も違ってきます。さらに産科以外の他の診療科の医師との連携体制などもチェックキーポイントのひとつで、小児病床がある場合は夜間のオンコールの頻度なども気になるところです。また常勤の小児科医が少ない病院では、夜間の呼出の回数も大事なチェックキーポイントのひとつです。またお子さんがいる女性医師の場合には託児所の有無や、ワークシェアリングなどの制度の有無も気になります。

このように都市部や地方都市に限らず小児科医の募集は多いのですが、自分が希望するような条件の病院を探そうとすればおのずと限られてきます。そのため転職した後に後悔しないように、面接でしっかりと自分の希望を伝えることが大事です。転職のときは年収や当直の有無などは尋ねても、その他のことが確認されないことも少なくありません。そのような場合にはリクルートドクターズキャリアのような、医師に特化された転職サイトを利用されることをおすすします。転職サイトの専任の担当者が仕事の紹介だけでなく、これらの確認作業もすべて代わりに行ってくれます。


Copyright (C) 2013-2018 小児科医転職エージェントランキング All Rights Reserved.